ローンの繰上返済

借り換えでローン負担を軽減できないのであれば、次に繰上返済(内入れ)を検討してみましょう。繰上返済とは、預貯金が貯まったり、臨時収入があってまとまったお金ができたとき、その資金を元金の一部の返済に充てることをいいます。

 

住宅ローンの返済方法としては、元利金等返済と元金均等返済があります。元利金等返済では元金+利息の総額を毎月一定額返済していますが、当初は利息部分の方が大きく、元金の返済ペースは遅くなります。その分、返済総額も増えます。

 

これに対して、元金均等返済は元金を毎月同額ずつへんさいしていく方法で、残った元金に応じた利息が計算されます。元金が早く減っていくため、返済総額を抑えることができますが、当初の負担額は大きくなります。そのため、元利金等返済を選択する人が多いようです。

 

繰上返済は、通常の返済とは異なり、全額が元金の返済に充てられるので、その後の支払利息を大幅に軽減できることが可能です。

 

繰上返済には期間短縮型と返済額圧縮型があります。期間短縮型では毎回の返済額は変わりませんが、完済時期を早めることができます。定年までにローンの返済を終わらせたい、早く老後資金の準備にかかりたいといった場合に有効な方法といえます。

 

一方、返済額圧縮型は返済期間は同じで、毎回の返済額を減額する方法です。繰上返済をした時点で、残りの期間の返済額が再計算されます。月々の返済額を圧縮したい人には、こちらが向いていると思います。